「あったらいいな」の
答えをいち早く。

コラム

COLUMN

シャッターガレージの運営・経営方法とは?最新のトレンドもふまえて解説!

  • コラム

2024.06.30

シャッターガレージとは

シャッターガレージは車やバイクを安全に保管するための閉鎖式のガレージで、車・バイクをより安全に保管できます。手動シャッターや電動シャッター、高速シャッターなどの種類があり、青空駐車場に比べ、シャッターガレージは車・バイクを天候や盗難から守ることができるため、高級車や人気の車種を保有する車・バイクの所有者に人気があります。

シャッターガレージの利点

シャッターガレージの最大の利点は、安全性の向上です。ガレージ内に駐車することで、盗難や悪戯のリスクを減らすことができます。また雨風や雪、強い日差しから車を保護することで車を綺麗に保つことが出来ます。。さらに、ガレージはちょっとした用品などの保管場所としても利用できるため便利さが増します。

 

利用者に求められるガレージの大きさと必要な設備

ガレージの大きさ

間口3.0m、奥行き6.0m以上のガレージを弊社は推奨しております。

ガレージを利用するの多くは、フェラーリ・ランボルギーニ等のスーパーカーや高級外国車、アルファード・ヴェルファイア等の高級ミニバンなどです。一般的な駐車場の寸法(間口2.5m、奥行き5.0m)では圧迫感があり、駐車しにくい為間口3.0m、奥行き6.0m以上のガレージをおすすめしております。

照明と電気設備 

夜間のガレージ内は真っ暗です。そのような状況では大切なお車をガレージにぶつけてしまいます。その為、照明設備は必須となります。また、バッテリーの充電等に利用するためコンセントも設置することをおすすめします。

セキュリティシステムの設置 

ガレージのセキュリティを強化するために、防犯カメラやアラームシステムの設置が推奨されます。ガレージを利用する多くの方は安全に車を保管したいと強く希望していることが多く、セキュリティシステムの有無はガレージ選びに影響します。

 

シャッターガレージの種類

手動シャッター 

手動シャッターは、手で開閉するシンプルな構造です。コストが低く、メンテナンスも比較的容易ですが、開閉に時間と労力がかかります。また、故障しやすいといったデメリットもあります。

電動シャッター 

電動シャッターは、リモコンで開閉するタイプです。便利で迅速に操作できるため、多くのガレージで採用されています。価格は手動シャッターより高いですが、車を乗り降りせずとも動作させられるため利便性が向上します。

 

長期的な収益性の優位性

維持費用 

シャッターガレージは構造がしっかりしているため、修理の頻度も低く維持費用が抑えられます。定期的に細かなメンテナンスを行うことで、長期間にわたり建て直しなどをせず貸出を続けることができます。

賃貸の可能性 

シャッターガレージは全国各地に需要があります。特に都市部では、駐車スペースが限られているため、ガレージ物件はより希少価値が高く、高い賃料での貸出ができることが多いです。

 

ガレージの建築コストと投資効果

初期費用 

シャッターガレージの建築には、設計費用、材料費、施工費用などの初期費用がかかります。しかし、これらの費用は長期的な収益性を考慮すれば、十分に回収可能です。

ランニングコスト 

ガレージのランニングコストは、メンテナンス費用や電気代、防犯システムの運用費用などが含まれます。定期的なメンテナンスを行うことで、大きな修理費用を防ぐことができます。電気代や防犯システム費用はガレージの利用者に負担してもらう事もできるため、どのように貸し出していくか戦略次第です。

投資回収期間 

シャッターガレージの投資回収期間は、立地条件や使用目的によりますが、一般的には5年程度とされています。長期的に見れば、賃貸収入や物件価値の向上により、十分なリターンが期待できます。

最新のガレージ技術とトレンド

スマートガレージ 

スマートガレージは、IoT技術を駆使した最新のガレージシステムです。スマートフォンでの遠隔操作や、センサーによる自動開閉機能など、利便性と安全性を高める機能が充実しています。

自動車充電設備 

電気自動車の普及に伴い、ガレージ内に充電設備を設置する需要が高まっています。家庭用充電器や高速充電器を設置することで、電気自動車の充電が容易になります。

遠隔操作システム 

遠隔操作システムを導入することで、スマートフォンやタブレットを使ってガレージのシャッターや照明、セキュリティシステムをコントロールすることができます。これにより、利便性と安全性が大幅に向上します。 

 

シャッターガレージのセキュリティ強化方法

防犯カメラ 

防犯カメラの設置は、ガレージのセキュリティを強化するための基本です。高画質のカメラを設置し、リアルタイムで監視することで、不審者の侵入を未然に防ぐことができます。

アラームシステム 

アラームシステムを導入することで、不正侵入が検知された場合に即座に警報が鳴り響きます。これにより、迅速な対応が可能となり、被害を最小限に抑えることができます。

ガレージ運営のためのマーケティング戦略

マッチングサイトの活用 

インターネットを活用したオンラインマーケティングは、効果的なガレージ運営に欠かせません。ウェブサイトを活用して、ガレージの情報を発信し、潜在顧客にアピールすることが重要です。月極駐車場マッチングサイト「月極駐車場どっとこむ」を活用することをおすすめします。

ガレージの募集・管理 

シャッターガレージの募集・管理は、月極駐車場管理の専門業者に任せるのが一番です。

管理料はかかりますが、稼働率が飛躍的に上がり、管理の手間も一切ありません。委託先をお探しの方は、月極駐車場の専門会社、株式会社不動産工房へお問い合わせしてみてください。

 

FAQ

シャッターガレージの設置にかかる費用は? 

シャッターガレージの設置費用は、設計や材料、施工費用によって異なります。一般的には、1台あたり150~200万円程度です。

ガレージのセキュリティ対策は? 

ガレージのセキュリティ対策としては、防犯カメラやアラームシステムの設置が有効です。

長期的な収益性は? 

シャッターガレージは、長期的な収益性に優れています。賃貸収入や物件価値の向上により、初期投資を回収しつつ、安定した収益を得ることができます。

まとめ

シャッターガレージは、車の安全を確保し、利便性と収益性を高めるために非常に有効な選択肢です。適切な設計とメンテナンスを行うことで、長期間にわたって高い価値を維持することができます。また、月極駐車場の専門業者と組むことでさらに魅力的なガレージ投資を実現することができます。

個人で全てに対応していくことはなかなかハードルも高いです。ガレージ投資を検討している方は、ぜひ一度弊社までご相談ください!

お問い合わせは コチラ から
月極駐車場探しのコンシェルジュが丁寧に対応!成約につなげるなら 月極駐車場どっとこむ

お問い合わせ

CONTACT

ぜひお気軽にご相談ください!

お電話でのお問い合わせ

0120-19-1190

月~金 : 8:30〜17:30 / 土 : 8:30〜12:00

「あったらいいな」の
答えをいち早く。