「あったらいいな」の
答えをいち早く。

コラム

COLUMN

月極駐車場?コインパーキング?判断基準を駐車場専門会社が徹底考察!

  • コラム

2024.07.05

駐車場経営と言っても、様々な運用方法があります。

今回は、駐車場経営の運用形態について考察いたします!

駐車場経営の種類

駐車場経営を大きく分類すると月極駐車場時間貸し駐車場に分かれますが、最近では時間貸しの中でも、1日貸しの運営方法も増えてきました。タイムズ24の「B」やアースカーの「得P」「akippa」「軒先パーキング」などがそれに当たります。

それぞれメリットやデメリットなどの特徴がありますので、皆様がよく気にされる賃料設定・安定度・初期投資に分けて考察してみます。

月極駐車場

<賃料設定>

賃料は駐車場によって違いますが、地域によってある程度の相場が存在します。

決まった利用者だけが使うため、狭い空間でも軽専用区画など区画ごとに賃料設定を変えて運営ができます。

<安定度>

契約者が決まると、1年〜2年の長期で賃料収入が安定します。
ただし台数が多いと、満車になるまでに少々時間がかかる場合があります。

月極駐車場のサブリース会社がありますので、サブリース会社に一括貸しをすれば初期から長期にわたり安定収入が見込めます。

<初期投資>

アスファルトなどの舗装工事は発生しますが、その他の設備工事は不要です。

時間貸し駐車場(コインパーキング)

<賃料設定>

月極駐車場と比較すると、賃料設定が少し複雑です。

地域による相場はあるものの、前面道路によって金額設定が変わります。例えば一方通行の道や道幅が狭い道路沿いですと、交通量が少なくなるため、金額設定を低くする必要がありますし、逆に交通量が多かったり、視認性の良い立地ですと、金額設定は高めになる傾向があります。

また、不特定多数の方が出入りしますので、駐車がしにくいレイアウトの駐車場ですと金額設定を下げる必要があります。

精算機を置くスペースも必要ですので、月極駐車場よりも運営台数が減ることもあります。

<安定度>

地域による相場があるものの、同じ通りにコインパーキングができてしまうと、同じ通りで利用者を取り合うことになるので、値下げ合戦になってしまうことがあります。

月極駐車場よりも、賃料設定の見直しが多くなる傾向があります。

<初期投資>

アスファルト工事と精算機やフラップなどの設備設置工事費が必要になります。

多額の投資が必要になるため、一般的にはコインパーキング業者に一括で貸し出しをして、機械の初期投資はコインパーキング業者が負担するのが一般的です。

1日貸し駐車場

最近増えてきた手法で、アプリで予約をしたり決済をする仕組みです。

<賃料設定>

イベント会場の近くですと、かなり強気な賃料設定が可能です。

例えば、地方のコンサート会場近くでも有名アーティストのコンサートがあるときなどは、その日だけ賃料設定を上げることもできますし、イベントがない平日などは、安めにも設定できます。

<安定度>

曜日や、周辺のイベント情報で、売上が大きく変わります。ずっとその形態で運営するというよりも、空いている時だけ貸したい人にお勧めな駐車場経営形態です。

<初期投資>

1日貸し駐車場経営のために、わざわざアスファルトなどの舗装工事をする人はほとんどなく、今ある駐車場を空いているときだけ貸し出しをしたい方が利用される形態ですので、初期投資はほぼゼロです。

まとめ

色々と概略は説明をさせて頂きましたが、地主様が一番気にされるのが、「結局どの運営方法が一番儲かるの?」という質問が率直なところだと思います。

その答えは、場所・土地の大きさ・土地の形状などによります。

まずは、お気軽に駐車場専門会社にお問い合わせください。どの運営手法が一番いいのか、提案をしてくれるはずです。

お問い合わせは コチラ から
月極駐車場探しのコンシェルジュが丁寧に対応!成約につなげるなら 月極駐車場どっとこむ

お問い合わせ

CONTACT

ぜひお気軽にご相談ください!

お電話でのお問い合わせ

0120-19-1190

月~金 : 8:30〜17:30 / 土 : 8:30〜12:00

「あったらいいな」の
答えをいち早く。